心理カウンセラーの資格について

心理カウンセラー資格のオススメは?初心者向けや分野ごとに紹介!

心理カウンセラーの資格って多すぎて、どれを取ればいいのか悩んでしまいますよね。
なので、今回はオススメの心理カウンセラー資格を分野別に紹介したいと思います。

万能向け・初心者向け・子どものカウンセラー向け・コーチングやアドバイスを極めるカウンセラー向けと順番に紹介していきますので、その中で自分にピッタリの資格が見つけていただけると嬉しいです!

こころちゃん
こころちゃん
私にピッタリのもあるかな!
先生
先生
まずは私のオススメの資格よ

取得も簡単!万能的に使えるオススメの資格

それでは、オススメの心理カウンセラー資格の紹介をしたいと思います。なるべく資格の取得も簡単で、心理カウンセラーとして社会で通用する資格を選びました。

おすすめはメンタルケア心理士

メンタルケア心理士はメンタルケアの専門家として活躍することができる知識やスキルを証明する資格です。

ただのカウンセリング技法や心理学を学ぶだけでなく、医学的目線からも正しい臨床心理学や心理療法の知識を得ることができ、それを証明することができます。

そして、公的学会認定資格ということもあり、通常の民間資格よりも有用性が高く、就職や転職に有利だと言われています 。
さらに通信講座で取得することができるので、比較的取りやすい資格といえますね。

メンタルケア心理士を取得するならこちら!

初心者でも目指せる資格はコレ!

では次に、これから心理カウンセラーのことを学びたい初心者にオススメの資格を紹介していきたいと思います。
初心者向けということで、心理学やカウンセリングの知識がない方でもイチから学べ、簡単に取得することができる資格を選びました。

メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーは初心者向けの資格でありながら、公的学会認定資格とされています。
メンタルケアカウンセラーは、心理学の入門知識やコミュニケーションの向上に求められる基礎能力を証明する資格です。
資格を取得した際には、心理学やカウンセリングの知識も十分に身についているでしょう。

メンタルケアカウンセラーを取得するならこちら!

ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラーは、メンタルヘルスに関する基本的知識を身につけ、メンタル疾患の予防や実践を行うスキルを証明する資格です。

今はストレス社会と言われている時代です。心の健康が重要視され始め、メンタルヘルスに注目が集まっています。
ケアストレスカウンセラーを取得すれば、メンタル疾患に対する知識やスキルを身につけることができるので、世の中で需要のある資格ともいえるでしょう。

そして、ケアストレスカウンセラーはさらに専門性を追求する青少年ケアストレスカウンセラー、 高齢者ケアストレスカウンセラー、企業中間管理職ケアストレスカウンセラーとさらなる資格を目指すことができるのも魅力的ですね。

ケアストレスカウンセラーを取得するならこちら!

子どものための心理カウンセラーを目指す方向け

次は、子どもと対話する心理カウンセラーを目指す方にオススメの資格を紹介していきます。

心理カウンセリングは大人だけではなく、子どもにも必要なモノです。ストレス問題は子どもの社会にも存在しており、いじめや不登校などの原因にもなっています。
さらに子どもの問題を解決するためには、子どもだけでなくその周りの大人達のケアも重要になってきます。

青少年ケアストレスカウンセラー

青少年ケアストレスカウンセラーは、子どもから成人に達するまでの青少年と、青少年を家族に持つ親のケアができる知識やスキルを証明する資格です。

近年では、子どものストレスが問題となっており、それを原因とした不登校やいじめ、児童虐待や家庭内暴力、引きこもりなどが深刻化しています。

青少年ケアストレスカウンセラーはそういったストレス問題と向き合い、子どもやその親にストレスケアの仕方を教えていく専門家になるための資格です。

青少年ケアストレスカウンセラーを取得するならこちら!

引きこもり支援相談士

ひきこもり支援相談士は、不登校及び引きこもり問題の正しい知識と専門性を持ち、当事者を支援できる技術を持つ証明となる資格です。

不登校や引きこもりは改善すべき社会問題です。
子供の数が減っているので一見減少しているように見えますが、実は生徒数の全体に対した比率は増えています

不登校や引きこもりの深刻化が起こる理由の一つとして「誰にも相談ができない」という状況があります。
ひきこもり支援相談士は支援を必要とする子供たちや若者に、相談する場を作ることを目的とした資格です。

引きこもり支援相談士を取得するならこちら!

相談者のスキルアップを中心とした心理資格

通常、カウンセリングというのは傾聴を中心とした、相談者の悩みや問題を聞くというのが基本スタイルです。
ですが、心理カウンセラーにも色々な種類があり、相談者自身の成長を目的としたカウンセリング方法を取り入れている場もあります。

ここで紹介するのは、そういった相談者のスキルアップを目的とした心理カウンセラーを目指す方向けの資格です。

LC(ライフチェンジ)プラクティショナー

LCプラクティショナーはNLP(神経言語プログラミング)を活用し、 コミュニケーション能力の向上やトラウマ・ コンプレックスの解消、セルフイメージを高める方法などの知識や技術を証明する資格です。

NLPは 心理カウンセリングから生まれた技術です。ですが、今ではカウンセリングやセラピーの分野にとどまらず、様々なシーンで使われています
例えば、クリントン元大統領が演説に NLPの手法を取り入れたり、世界ランキング1位のテニスプレイヤーのアンドレ・アガシがNLPコーチングを受けているなどの実績もあり、世界的にも注目されている技術です。

もちろん心理カウンセリングにも活用でき、カウンセリングだけでなく、コーチングやコンサルなどを行う、一段上の心理カウンセラーを目指す方にオススメな資格です。

LCプラクティショナーを取得するならこちら!