心理カウンセラーの資格について

心理カウンセラーになるのに資格は必要ないって本当?誰でもなれるからこそのメリットとデメリット

心理カウンセラーはとても専門的な職業ですよね。カウンセリングや心理学の知識、場合によっては医療の知識も必要です。
そんな職業ですが、資格がなくても心理カウンセラーになれるって知ってましたか?

今回は、心理カウンセラーと資格の必要性について紹介していきたいと思います。

こころちゃん
こころちゃん
えっ!?じゃあ資格取らなくてもいいのでは?
先生
先生
そうとも言えるし、そうとも言えないのよ
ちゃんと説明していくわね

心理カウンセラーに絶対必要な資格はない!?

実は心理カウンセラーになるために資格は必要ありません。なので、資格がなくても心理カウンセラーを名乗り仕事をすることができます

しかし、求人を見てみると条件の多くに心理カウンセラーの資格が必要とされています。就職や転職を考えている場合は資格を取った方が幅も広がるので、資格を取ることが全く無駄だというわけではありません。

いつでも誰でも心理カウンセラーになることができる

資格が必要ないということは、言い換えれば誰でも心理カウンセラーになることができるということです。
これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

メリットでいうと、必要資格が無いので今からでも心理カウンセラーになり、仕事をすることができます自宅をカウンセリングルームにしてしまえばすぐに開業することもできますし、最近ではオンラインカウンセリングという方法も普及していますので、より簡単に始めることができます。
誰かの悩みや問題を解決したいと強く思っている人にとっては、これほど嬉しいメリットはありませんね。今すぐにでも夢を叶えることができます。

デメリットは、知識や技術、経験の乏しい心理カウンセラーが増えてしまっているということです。カウンセリングの基本や心理学の基礎を知らずに、間違った方法でカウンセリングをしてしまうと相談者も満足することができません。

実際、資格がない=正しいカウンセリングができないというわけではないので、これはカウンセラー自身の問題です。ちゃんと相談者のことを思い、悩みや問題を解決してあげたい気持ちがあれば、自然と知識や技術は伴ってくるものだと思います。

正しいカウンセリングには知識や技術が必要

心理カウンセラーは人を相手にする仕事だということを忘れてはいけません。いい加減なカウンセリング方法では相談者の悩みを解決することはできないでしょう。

そこで必要なのが知識と技術、そして経験です。
相談者が何を悩んでいるのかを知るためのカウンセリング技術、どうアプローチしていけばいいのかを考えるための心理学の知識、カウンセラーとしての自信や応用力を育てる経験、これら全てが心理カウンセラーには必要になってきます。

知識と技術は資格がなくても学ぶことができます。経験も資格を取得したからといって手に入れられるものではありません。大切なのは日々学び、活用していく姿勢です。
真摯に相談者と向き合っていれば足りないものも見えてきますので、その都度に必要なものを学び続けることが重要なのです。

資格は必須ではないが、学ぶための場だと思おう!

ここまで読んでいただきましたが、資格は必要ないと思いましたか?
必要ないと思った方も、必要だと思った方もどちらも正しいと思います。
心理カウンセラーの本質を忘れず、相談者のためになるように活動しているのならば、どちらでも構わないと私は思います。

しかし、資格はいらないけど何をどう学べばいいのかわからないという方もいますよね。そういう方にこそ資格勉強はオススメです。
資格取得は知識や技術を学ぶためのもの。そう割り切って考えてみてはいかがでしょうか。いわば勉強のためのツールです。

自分だけで勉強するのは、思っているよりとても大変です。
想像してみてください。学生時代の勉強を先生もなし、教科書も自分で見つけて独学で勉強する。とてもじゃないけど無理だと思いますよね。
なので、資格講座やテキストなどのすでにある勉強道具を使うほうが、身につける効率も良くなり、無駄な手間も省けます。そして、資格取得試験はちゃんと勉強できているかのテスト程度に考えるといいかもしれませんね。

しっかり勉強できて、資格も得られるのだから一石二鳥です。
ついでに求人の幅も広がるからラッキー!くらいの気持ちでもいいかもしれませんね。