心理カウンセラーの資格について

心理カウンセラーの資格はどれを選ぶべき?資格の選び方とおすすめの資格紹介

心理カウンセラーになると決めても、はじめはどうすればいいかわからないですよね。そんな時に便利なのが資格です。

資格を取得する過程で必要な知識や技術を学ぶことができます。資格を取得した=必要な知識を身に付けたというわけですから、持っているだけで社会的に認められるというわけですね。

ですが、資格を取るにしてもどれを取ればいいのか迷ってしまいますよね。

こころちゃん
こころちゃん
どの資格にしようか迷っちゃうなぁー
先生
先生
それじゃあ今回は資格の選び方を教えるわね

なりたい心理カウンセラーを想像してみよう!

どの資格にするか決める前に、まずはどんな心理カウンセラーになりたいかを想像することが大切です。
心理カウンセラーは資格の多い職種なので、しっかりと目標を決めておく必要があります。

近年では、心理カウンセラーは様々なところで求められている存在になりつつあります。なのでそれに伴い、必然的に資格の種類も多くなっています。逆に言えば、選択の幅が広がってるともいえますね。

昔では注目されなかった、ストレスによる不登校うつ病、企業内でのストレスチェックなどがメディアに取り上げられ話題になったこともありました。時代の変化とともに、メンタルヘルスや心のケアなど新しい言葉も増えてきましたね。

心理カウンセラーは企業、医療、教育、行政など様々なところで活躍しています。その中でも自分はどの分野に携わっていきたいのか、どんな人と対話し、サポートしていきたいのかなど、資格を取る前に自分が理想とする心理カウンセラーが何なのかをしっかりと想像しておくことが大切です。

時間と知識を見直してみよう!

理想の心理カウンセラーが想像できたら、次に自分の現状を把握してみましょう。
ここでいう自分の現状とは、資格を取るために時間がどのくらい取れるのか、そして心理学やカウンセラーの知識がどの程度あるのかなど、資格を選ぶ上に必要になる要素のことです。

資格を取るためには勉強が必要ですので、どのぐらい時間が取れるのかを考えておく必要があります。
さらに、資格によって取れる条件が異なることもあります
例えば、資格講座を受講し、全ての講座が完了すると資格を取得できるものや、決まった試験日に試験を受け合格することで資格を取得できるものなどさまざまです。
前もって取りたい資格のことを調べておけば、いざその時になって「思っていたのと違う!」とならず安心ですね。

心理カウンセラーの資格には様々な種類があります。それも初心者向けから上級者向けより専門的な知識が必要な資格もあります。心理学の知識など、資格に活かせる知識がどのくらいあるのかなどの、自分の現状の知識量を把握しておくことで、スムーズに資格を決めることができると思います。

取得する資格を選んでみよう!

それでは、実際に資格を選んでみましょう。これまで考えてきた、目標(どんな心理カウンセラーになりたいのか)、時間(どのぐらい資格勉強に費やす時間が取れるのか)、知識(どのくらいの知識があるのか)を参考にすれば、あなたにピッタリの資格を選ぶことができるでしょう。

資格を取得するための方法もいくつかあります。
独学で勉強する以外にも、大学や専門学校、通信講座、養成スクールなどいくつかの選択肢があります。特に時間の限られている社会人の方は、自宅で受講できる通信講座をオススメしています。

まだ決まらない人はコレ!おすすめの資格を紹介!

いかがでしたでしょうか。色々と紹介してきましたが、まだどの資格を取るか決められない方もいると思います。なので、最後にいくつかオススメの資格を紹介していきますので、これらを参考に理想のカウンセラーを目指してみてくださいね!

メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーは公的学会認定資格です。公的学会認定資格とは、「日本学術会議」から指定を受けている学術研究団体(公的学会)が認定する資格です。

メンタルケアカウンセラーは心理カウンセラーの入門的資格です。基本的な「カウンセリングとは」「心の病気とは」「心と身体の関わりとは」などを学び、心理学を身近に捉えてもらえるように作られた資格です。

心理カウンセラーになりたいけど、どの資格を取ればいいかわからない方にオススメの資格です。

メンタルケアカウンセラーをさらに詳しく!

メンタルケア心理士

メンタルケア心理士も公的学会認定資格です。

メンタルケア心理士はメンタルケアの専門家です。心理学的目線から現代社会が抱えているさまざまな問題を捉え学び、幅広く活躍できる基本的専門知識を習得できる資格です。

心理カウンセラーとしても、現場で活かせる知識や技術を学ぶことができるので、ステップアップとして目指してみてはいかがでしょうか。

メンタルケア心理士資格講座はこちら

青少年ケアストレスカウンセラー

青少年ケアストレスカウンセラーは、主に子どもから成人に達するまでの青少年と、青少年を家族に持つのケアを専門とするカウンセラー資格です。

現在教育の場で問題となっている、不登校、いじめ、虐待、家庭内暴力、引きこもりなどの深刻な悩みを抱えた子供とその親が増えています。青少年ケアストレスカウンセラーはこれらの問題を抱えた人がストレスと上手く付き合うための方法を教えたり、コミュニケーションや自己表現仕方を学んでもらい、悩みや問題を乗り越えてもらうサポートをする心理カウンセラーです。

青少年ケアストレスカウンセラー資格講座はこちら

LC(ライフチェンジ)プラクティショナー

LC(ライフチェンジ)プラクティショナーは、NLPという技術を学び、活かす資格です。

NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の頭文字です。心理学と言語学の観点から新しく生まれた、人間心理とコミュニケーションに関する学問です。NLPは世界的にも導入されている技術で、スポーツ選手のコーチングにも活用されています。

LC(ライフチェンジ)プラクティショナーはNLPを通し、相談者のコミュニケーション能力の向上や、トラウマやコンプレックスなどを解消など、相談者の自己成長を促すことを専門とした資格です。

LCプラクティショナー資格講座はこちら